SDGsへの賛同

アイ・ディー・エフは、地球規模の課題解決に向けて国連が掲げた国際目標、
SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)に賛同しています。
事業活動を通じ目標達成に寄与したいと考えています。

森林保護による二酸化炭素(CO2)削減
地球温暖化は、大気中に存在する二酸化炭素などの温室効果ガスの濃度が
上昇することが原因だと考えられています。
地球温暖化を防ぐためには、大気中への二酸化炭素放出を減らし、
さらに、大気中から二酸化炭素を取り除くことに取り組む必要があります。
植物には、半永久的に利用可能な太陽からの光エネルギーを利用して、
大気中の二酸化炭素を有機物として固定するという重要な働きがあり、
特に樹木は幹や枝などの形で大量の炭素を蓄えています。
当社は道内の森林を所有維持管理しながらCO2を削減します。
持続可能な建築物・まちづくり
建築物や土木構造物は日射、風雨、湿気等から経年劣化し、
その目的や機能、外観も低下してゆきます。
当社は得意とする専門工法「超速乾ウレタンスプレー工法」により、
機能性(断熱性や耐候性、強度など)を向上させ、ライフサイクルや省エネ、
美観を回復し持続性を実現します。
生産性改革と技術革新
当社は2021年から生産性改革や技術革新に積極的に取り組み、
工期短縮による働き改革や脱炭素化に向けたZEB(ゼロエネルギービル)化に
向けた最適な新しいQRシステム工法(クイックロックシステム工法)を
国内で初めて導入しました。QRシステム工法は在来工法と比較し50%以上
工期を短縮させるだけでなく積雪地の冬季工事の効率化、吸音性向上、
日本最大超高断熱屋根30分耐火仕様による省エネルギー対応により
設計段階から工事プロセスを変革し生産性、機能性を向上させます。